こんにちは!

本日は五十肩についてご紹介します。

初めに症状の現れ方として、中高年に発生する肩関節とその周辺組織に炎症をきたすため、肩あるいは肩から上腕への痛みと関節の動きが悪くなることがあります。

続きまして期間については、急性期、拘縮期、回復期の3段階に分類されます。

急性期では、肩周辺のかなり広い範囲に疼痛を感じます。安静にしていても痛みは強く、夜間に激しいのが特徴です。その痛みは肩だけでなく、時に肩から腕にも放散します。

夜間に痛みが強くなるのは、肩が冷えることにより肩周りの血流が悪くなるためです。朝などに痛みが出る事もあります。

また、日常生活で衣服の着脱、帯を結ぶ動作、腕を上に挙げようとする動きによって痛みが出たり、強くなったりします。そのため、肩関節の動きが、かなり制限されます。

急性期が過ぎて拘縮期になると、安静時痛は消失します。しかし、腕を挙げていく途中で痛みを感じ、肩関節の動きが制限されています。

回復期になると運動制限も徐々に改善して、運動時痛も消失します。

ただ、五十肩は早期に治療をおこなっていかないと、例え回復期が来て運動制限や痛みが無くなって来ても、五十肩になる前と比べると筋力低下や肩の柔軟性が無くなってくるの

で、肩の関節に左右差が出たり、肩こりが出てきたり、日常生活に問題が生じる事があるので早期に治療をする事をお勧めします。

ダウンロード (2)

 

F.C.C築地鍼灸整骨院ではこのような肩の症状に対してより早く痛みをとっていき、早急に日常生活に支障が出ない様に、マッサージだけでなく超音波や鍼治療運動療法などを組みわせて早期の改善を目指します。

少しでも気になる方是非一度当院にご相談ください!

 

 

F.C.C.築地鍼灸整骨院情報

F.C.C.築地鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑しやすい時間帯【特に平日の17時以降など】では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.築地鍼灸整骨院
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地2-12-9 まるみビル4F
電話番号 03-3545-0056
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:00 【土曜】09:00~17:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ
日比谷線 築地駅 徒歩0分
有楽町線 新富町 徒歩5分
築地本願寺の目の前
1Fにドトールコーヒーの入っているビルの4F
診療時間
【平日】10:00~20:00
【土曜】09:00~17:00

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容