生活の中で、以下のような症状がある方は四十肩や、五十肩と呼ばれる「肩関節周囲炎」かもしれません。
ray_611

・肩がこわばっている
・腕を挙げると肩が痛い、または挙げにくくなった
・着替えや整髪が困難になった
・背中に手が届かない、または痛みがでる
・寝返りをうつと肩が痛い
利き腕に関係なく左右どちらの肩でも起こりますがほとんどの方は片方の肩だけに起こります。
まれに両肩に症状があらわれる方もいますが、同じ時期に痛みが生じることはあまりありません。

 

四十肩・五十肩は段階によって症状が変化していきます。
それは、痛みが突然発生する「急性期」と、運動が制限される「慢性期」です。
痛みは肩関節だけでなく首や腕にまで広がることもあり、急性期には肩関節周囲の炎症が起き痛みが急速に進んでいきます。
夜間にはズキズキとした激しい痛みが表れ目覚めてしまう場合もあります。
寝る際に脇にクッション等を挟んでおくと腕の動きが制限されるので痛みの軽減ができます。
ray_613
慢性期になると痛みは落ち着いてきますが、肩や腕の動きが制限され動かしにくさに悩まされるようになります。

 

加齢にともない筋肉が衰えてくると、筋肉が骨に付着している腱と呼ばれる部分が弱まって炎症を起こしやすくなります。
血流の低下も原因のひとつです。
炎症が起きると腫れや痛みが生じて肩がこわばり、痛みを感じるようになります。
それにより動作が制限されると筋肉の衰えや血流の低下が進み、さらに痛みが強まります。
そして、ますます動かしにくくなってしまうという悪循環に陥るおそれがあるのです。

 

四十肩・五十肩の痛みはより早期に治療をしたほうが早く楽になります。
痛みを感じる時間が日々長くなり日常生活動作にも影響しているのであれば速やか当院にご相談ください。

 
【当院では新型コロナウィルス感染拡大防止のため当院では以下の対策を行っております】
●スタッフの毎日の検温
●スタッフのマスク着用
●施術ごとのマット消毒、ペーパー、フェイス用タオルの交換
●施術ごとの手指消毒
●ドアノブ、ソファ、カウンターなどの定期的な消毒
●定期的な換気
●患者様による入室前の手指消毒のご協力
基本的な対策と適度な運動、バランスの良い食事などでみんなで乗り切りましょう!!

 

F.C.C.築地鍼灸整骨院情報

F.C.C.築地鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑しやすい時間帯【特に平日の17時以降など】では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.築地鍼灸整骨院
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地2-12-9 まるみビル4F
電話番号 03-3545-0056
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:30 【土曜】09:00~17:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ
日比谷線 築地駅 徒歩0分
有楽町線 新富町 徒歩5分
築地本願寺の目の前
1Fにたい焼き屋さんの入っているビルの4F
診療時間
【平日】10:00~20:30
【土曜】09:00~17:00

 

 

 

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容