ゴルフ腰痛の代表的なものは、アンバランスな体の使い過ぎによる筋肉や関節の片側ばかりに負担がかかることによって起こります。何度も何度もゴルフスイングの練習をする方は、極端に腰や背中、お尻などの筋肉が硬くなりストレッチしても追いつかないくらいになっています。また、日ごろの準備運動やストレッチを怠る方が多く、十分にウォームアップされていない状態で大きく腰を捻るようなスイングをして「ぎっくり腰」になってしまうこともよくあります。特にゴルフは午前中の朝早くにプレーしだす事が多く、準備運動やストレッチが足りなくなりやすいスポーツです。(冬場のゴルフ場の午前中は要注意。ぎっくり腰が多発!)そういう意味ではゴルフを続ける事と腰痛を予防する事は切っても切れない関係だと思います。

東京メトロ日比谷沿線の築地・東銀座・八丁堀エリアのF.C.C.築地鍼灸整骨院では、ゴルフの腰痛治療を受けるゴルフ愛好家が多数通院されています。スポーツマッサージ・ストレッチ・矯正・鍼灸治療を組み合わせた独自の腰痛治療で、ゴルフのスイングで負担のかかる腰・背中・お尻・股関節を中心に、歪みを整えながら筋肉や関節の柔軟性を出し体のパフォーマンスを上げていきます。

ゴルフのラウンドや日々の打ちっぱなしでのスイング練習は、年間通して行われるため体のケア・メンテナンスの頻度は数多く必要です。東京メトロ日比谷沿線の築地・東銀座・八丁堀エリアのF.C.C.築地鍼灸整骨院は腰椎捻挫・腰部筋肉の挫傷・背部筋肉の挫傷などのぎっくり腰、また、日常のゴルフスイングでの腰痛も検査をすると捻挫や挫傷であることが多く、長年プロゴルファーやアスリートを診て培ってきた技術と知識で練習の前後、コースでのラウンドの前後に安心して通院できます。

東京メトロ日比谷沿線の築地・東銀座・八丁堀エリアのF.C.C.築地鍼灸整骨院は東京メトロ日比谷線の築地駅から徒歩1分の立地です。もしゴルフでぎっくり腰になったり、腰痛でゴルフのスイングが満足に出来なくなってきたなら、一度お気軽に御来院ください。


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容