手をよく使う方や、産後の方で腕や肩回りに痛みや痺れに悩んでる方は多くいると思います。

腕や手の神経は、首から出て、肩のあたりを通って腕や手の先まで伸びています。

そのため、首、肩になんらかの問題が起こり、神経が圧迫されるとしびれを起こします。

例えば、手のしびれ以外にも、肩がこったり、腰にハリや痛みが出たりします。

手に痛みや痺れが出る症状をいくつか、ご紹介します。

 

・胸郭出口症候群

おおよそ鎖骨のあたりから腕や手に向かう神経や血管に、何らかの圧迫や障害があると腕や手にしびれを起こします。

妊娠中・産後の手のしびれの多くは、この胸郭出口症候群が原因で起こります。

具体的な症状は、

・神経障害による手指、腕のしびれ
・血流障害による熱感、冷感
・神経障害と血流障害による脱力感
・首、肩、胸の前部分がうずくような痛み
・神経障害と血流障害により、腕を上げた際に、手のひらが白くなる肘を上げると血管の圧迫により手への血流がスムーズでなくなり、血行障害が起きてしまいます。

 

・腱鞘炎

腱鞘炎の原因は「使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症」です。

本人の持ってる筋力に対して、大きな負担が長い時間加わって炎症が起こるのです。

例えば、パソコンを長時間やる方や手作業が多い方、家事やお子さんを抱っこしている方など原因はさまざまですが、腕や指に負担が積み重なると

なりやすくなります。

 

images

 

 

指先から肩まで腕を調整したり、筋肉が硬いままだと本来の手首の動きができなくなり痛みを引き起こしてしまうので、しっかり筋肉をマッサージすることで緊張がほぐれ痛みの改善につながります。

また、マッサージだけではなく鍼治療で痛みが出ている患部を治療することで痛みの改善や再発防止にもつながります。

痛いと思ったらすぐ原因となる動作を止め休息も必要です。

仕事柄、一日多くの時間パソコンを操作しなければならないという方も多い現代社会の中で、首や手のケアは大変重要なことです。

なので、少しでも気になる場合はしっかりケアをしていきましょう。

 

築地、銀座、新富町エリアの築地鍼灸整骨院では症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

 

少しでも手の痛みが気になる場合は、中央区の築地、銀座、新富町エリアのF.C.C.築地鍼灸整骨院ご相談ください。

 

F.C.C.築地鍼灸整骨院情報

F.C.C.築地鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑しやすい時間帯【特に平日の17時以降など】では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.築地鍼灸整骨院
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地2-12-9 まるみビル4F
電話番号 03-3545-0056
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:00 【土曜】09:00~17:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ
日比谷線 築地駅 徒歩0分
有楽町線 新富町 徒歩5分
築地本願寺の目の前
1Fにドトールコーヒーの入っているビルの4F
診療時間
【平日】10:00~20:00
【土曜】09:00~17:00

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容