膝の周りの痛みが気になる方多いと思います。

膝の痛める場所は、様々です。

 

ダウンロード (3)

 

走ることが多い方は、ランナー膝かも?

ランナー膝とは、腸脛靭帯炎と言われている症状で、ランニングなど激しい動きが原因でおこる膝関節の周辺が痛くなるスポーツ障害です。

 

膝のお皿の下が痛いとき・・・

膝の表面、お皿の下に痛みが出ている場合は、膝蓋靱帯炎という症状です。

太ももの前の方の筋肉が固くなってしまっています。

この筋肉を緩めることで体のバランスが整い、痛みが解消されることが多いのです。

ランニングをする人以外にも、ジャンプをともなうスポーツや、仕事をしている人に多い症状です。

 

膝の内側が痛いとき・・・

膝の内側に痛みが出る場合は、鵞足炎という症状です。

これも、太ももの内側の筋肉が固くなっているのが原因です。

内側の筋肉が固くなることで、骨と筋肉がすれてしまい、痛みが出ている状況なので、硬くなってしまった筋肉をゆるめることで、痛みが解消していきます。

 

膝の外側が痛いとき・・・

膝の外側に痛みが出る場合は、腸脛靱帯炎と言われます。

こちらも太ももの外側の筋肉をゆるめることで、痛みが改善されていきます。

長距離ランナーに多い症状ですが、仕事や日常生活で歩くことが多い人にも出てくる痛みです。

 

筋肉や関節のバランスが悪くなっている可能性があります。

レントゲンで異常なしと言われた膝痛は、筋肉や関節のバランスが崩れてしまっていることが原因です。

 

足が痛いままですと、日常生活に大きく支障が出ると思います。

なので、少しでも気になる場合は、しっかり治療をしていきましょう。

 

築地、銀座、新富町エリアの築地鍼灸整骨院では症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

 

少しでも膝の痛みが気になる場合は、中央区の築地、銀座、新富町エリアのF.C.C.築地鍼灸整骨院ご相談ください

 

F.C.C.築地鍼灸整骨院情報

F.C.C.築地鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑しやすい時間帯【特に平日の17時以降など】では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.築地鍼灸整骨院
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地2-12-9 まるみビル4F
電話番号 03-3545-0056
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:00 【土曜】09:00~17:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ
日比谷線 築地駅 徒歩0分
有楽町線 新富町 徒歩5分
築地本願寺の目の前
1Fにドトールコーヒーの入っているビルの4F
診療時間
【平日】10:00~20:00
【土曜】09:00~17:00

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容