こんにちは!

本日は五十肩についてお話し致します。

五十肩は、中年以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は様々です。

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋や関節を包む袋が癒着するとさらに動きが悪くなります

続きまして五十肩による基本的な3つの分類をしていきます。

1期では

急性期と呼ばれ、痛みが強いものの、無理をすれば肩を動かすことができます。痛みは、肩を動かしたときだけでなく、安静時や就寝時にも現れます。痛みを伴う動作は無理に行わないようにしましょう。

2期

拘縮期と呼ばれ、痛みは軽減しますが、肩が動かしにくくなります。無理に動かそうとすると痛みが出ます。痛みが軽減してきたら、硬くなった肩関節をほぐすために肩の運動を行い、少しずつ肩の可動域を広げていきます。

3期

回復期と呼ばれ、徐々に痛みが解消していき、次第に肩を動かしやすくなります。しかし、2期の段階で肩のストレッチや適切な治療をしていかなければ、

肩の痛みが取れるのに数年かかる場合や、症状が残ることもあります。この時期には、肩の可動域が悪くなり低下してしまった筋力を取り戻すため、積極的に肩の運動や̚可動域訓練をしていきます。

 

 

FCC築地鍼灸整骨院では問診、検査をしっかりと行い、マッサージ、鍼治療、電気治療、骨格調整など
患者様の状態に合った最善の治療をいたします。
お身体のことでお困りの際にはお気軽にお問い合わせください。

 

F.C.C.築地鍼灸整骨院情報

F.C.C.築地鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑しやすい時間帯【特に平日の17時以降など】では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.築地鍼灸整骨院
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地2-12-9 まるみビル4F
電話番号 03-3545-0056
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:00 【土曜】09:00~17:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ
日比谷線 築地駅 徒歩0分
有楽町線 新富町 徒歩5分
築地本願寺の目の前
1Fにドトールコーヒーの入っているビルの4F
診療時間
【平日】10:00~20:00
【土曜】09:00~17:00

 

 

 

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容