運動中や寝ている時などにふくらはぎや足の裏、指がつった経験がある方は多いと思います。
「つる」とは筋肉が異常に収縮してけいれんを起こした状態です。
ではなぜ筋肉はけいれんを起こすのでしょうか。

 

筋肉には過剰に伸びたり縮んだりして無理な負担がかかった際にケガを防ぐために、「筋紡錘」と「腱紡錘」という2つのセンサーが備わっています。
筋紡錘は筋繊維の中にあり筋肉の伸びすぎを防ぎ、腱紡錘は腱の中にあり腱の伸びすぎ=筋肉の縮みすぎを防ぎます。
特に腱紡錘の機能が低下すると筋肉の異常な収縮を防ぐことができないのでけいれんを起こしてしまいます。

jowan
腱紡錘の機能低下の原因はまだはっきりとわかっていませんが病気等の要因がない場合に、最も大きな原因と言われているのが「ミネラルバランスの乱れ」です。
カルシウムとカリウムは筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにし、この2つのミネラルの調整をしているのがマグネシウムです。
そのためマグネシウム不足は腱紡錘の機能低下に大きな影響を与えます。

 

ミネラル不足の他、筋疲労、運動や就寝中の発汗による脱水、冷えなどによる血行不良も腱紡錘の機能低下の原因となります。
また、加齢によっても機能低下は起こるので60歳以降はつりやすくなります。

 
【つってしまったら】
応急処置としては患部を伸ばすことです。ただし無理やり一気に伸ばしてしまうと筋肉を傷つけてしまう場合がありますので慎重にゆっくり伸ばしてください。

 
【予防とセルフケア】
●ミネラルと水分補給
マグネシウム―海藻・ナッツ
カルシウム―乳製品・大豆
カリウム―イモ類・バナナなど果物
運動前・運動中の十分な水分補給や就寝前にコップ一杯のお水を

●保温
足湯や入浴で身体を温めて血行を良くする
足が冷える場合にはレッグウォーマーなどをはく

●筋肉をほぐす
ストレッチや軽い体操をして筋肉の柔軟性を回復させる

lif1811090002-m1

台や椅子に片足を乗せ、この足に体重をかけます。もう片方の足はかかとを上げないようにして太ももうらからアキレス腱を伸ばします。
左右とも息を吐きながら10~20秒ほどゆっくり伸ばしましょう。

 
足だけではなく腰も含め体全体をほぐしてあげることも効果的ですので、セルフケアでなかなか治らない方は是非一度お越しください。

 
FCC築地鍼灸整骨院では問診、検査をしっかりと行い、マッサージ、鍼治療、電気治療、骨格調整など
患者様の状態に合った最善の治療をいたします。
お身体のことでお困りの際にはお気軽にお問い合わせください。

 

F.C.C.築地鍼灸整骨院情報

F.C.C.築地鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑しやすい時間帯【特に平日の17時以降など】では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.築地鍼灸整骨院
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地2-12-9 まるみビル4F
電話番号 03-3545-0056
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:00 【土曜】09:00~17:00
アクセス方法 【電車】東京メトロ
日比谷線 築地駅 徒歩0分
有楽町線 新富町 徒歩5分
築地本願寺の目の前
1Fにたい焼き屋さんの入っているビルの4F
診療時間
【平日】10:00~20:00
【土曜】09:00~17:00

 

 

 

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容